秋田市リフォーム 屋根塗装 外壁リフォーム00

秋田市外旭川のH様宅
約築13年のH様宅、屋根、外壁などの外装メンテナンスは今回が初めて。
下の写真では、まだ外壁を重ね張りする必要が無いように見えますが、近くでみると外壁の
不具合が多く外壁塗装では、解決することができない症状が現れているため、外壁重ね張り
工事となりました。
屋根、破風、軒天井の塗装工事は先月の晴れ間に終わらせて、既存外壁に樹脂サイディング重ね張り工事が始まります。

外壁コーキングの劣化
現在の外壁は窯業系サイディング材の釘打ちタイプ
コーキングの耐用年数は約7年 年数が過ぎていますがそれ以上にコーキングの劣化が激しい

サイディング材を止める釘が下地材に的確に止まっていないために外壁材が浮き上がっている


幕板のジョイント部分もずれている。
幕板は外壁面より出ているため、上部は凍害を起こしている。

新築時にサイディング材の施工方法が良くなかったのか、とにかくサイディング材が動いている
状況。

ご契約前にコーキング部分からの劣化により、下地の痛み具体などをしっかりと確認して、
改修方法を選択しています。