秋田市_新築工事 下山の家

新築工事中の下山の家

断熱材充填作業を行なっております。

壁の断熱作業を行うためには、壁を貫通するエアコンダクトスリーブや給湯機からの給湯配管などは先行して位置決めを行い設置しておきます。そうすることで断熱気密の欠損がない高性能住宅が出来上がります。

使用している断熱材は、高性能グラスウール16K 120mmを断熱欠損がないように丁寧に充填を行なっています。

注)先張り気密シートは行わなくても気密性が確保できる設計になっています。

DSC01912

外部は、サッシの設置、透湿防水シートも完璧に終わっているので、台風が来ても心配ないです。DSC01909

私たちの新築住宅では、標準装備になっているステンレス製 庇も設置。DSC01915

DSC01918