築60年の平屋住宅 断熱改修工事

前回のブログで築40年以上と書きましたが、近隣住人さんからの話では昭和20年頃には
あったとの話があり60年は経過しているようです。
全ての床組みを解体して、土台や大引の取替え、補強を行い床下には防湿シートを敷きこみ
床下の湿気対策を施します。長期的に考えるとこの防湿施工はかなり有効な方法です。
20130608-11
床断熱は高性能グラスウール16K 100mm
外気へ接する面には透湿防水シート、このシートのもう一つの役割は隙間風の侵入を防ぎ断熱材
の性能を100%発揮させるためです。
20130608-12
床断熱
20130608-13
水平剛性を確保する床下地構造用合板24mm
20130608-14
南側、外壁を張り替えする部分の防水透湿シート施工
20130608-15
内部壁は、セルロースファイバー55K 100mmを吹き込むためのシート施工も完了