新住協勉強会 in盛岡市

昨日は、日帰りでの勉強会でした。
私達が入会しているNPO団体 新木造住宅技術研究協議会(新住協)久々の東北研修会
秋田、岩手、青森の3県から60名の会員さんが参加しました。

新住協は、開かれた民間の住宅技術開発団体。
これまで、全国の工務店、設計事務所、建材メーカー、大学や公共の研究機関が参加し、住まい作りの実践現場と研究機関がかかわり、行きたた情報を交換しあうことで、革新的な住宅技術を開発しております。そして、その情報やノウハウを独り占めすることなく、お互いにわかちあうことでより安価で高品質な汎用技術へ育ててきています。
セミナー講師は、室蘭工業大学工学部建設システム工学科教授の鎌田 紀彦先生が
全国で行われている実験状況などを細かく説明してくれました。

今後、100mm以上の壁付加断熱施工で増えてくる付加断熱下地組みのスケッチ

ロール状のグラスウール断熱材を綺麗にカットする方法までも考えていました。
鎌田先生は、理論だけではなく現場で使用する道具なども考えており関心します。