秋田市リフォーム パッシブハウス研修

二日間に渡ってのパッシブハウス研修 in札幌でした。
久ぶりの札幌、車中から時計台をパシャ!

今回は、建材メーカーさんからのお誘いで参加させて頂いた研修で、当初私が想像していた以上に、勉強になった二日間。
初日にお邪魔した北広島市の今川建築設計管理事務所さん
自宅兼仕事場を昨年にパッシブハウス仕様で建築されており、Q値0.47W/m2K
壁熱還流率:0.083(465mm断熱) 天井熱還流率:0.073(536mm断熱) サッシ熱還流率:0.7 と仕様はマッシブ!
今川さんが設計したパッシブハウスの内容をパワーポイントで詳しく説明いただきました
今川さん本当にありがとうございました。

玄関ドアは木製玄関ドアがなんと2枚

今回のポイントは、熱交換換気システムと連動した冷暖房システム
熱交換した吸気側の空気を1KW?のエアコンで冷暖房して各居室に送り込むと言う
合理的で安価な仕組み。
お邪魔した時の室温は21℃ 9人でお邪魔したため2時間程度で室温は25℃まで
上がり、暖房エアコンはストップ!

二日目は、手稲区の工学博士 サデギアン モハマッド タギさん通称タギさん宅へ
お邪魔させていただきました。
この住宅は、34年前に建築された旧荒谷邸のパッシブハウス
34年前に現在のパッシブデザインの殆どが凝縮されていることに驚きながら、当時の
豊なアイデア/デザインにすこぶる関心させられたのと同時に私たちの力不足を改めて
認識させられた住宅

外装は、地元のとど松材 当時のままやはり、木の外装は良いです。
南面は大開口が連続する、スッキリとしたデザインがすばらしい
サッシの上には夏対応の庇が付き、当時でも夏冬対応の断熱住宅がデザインされている
屋根の中に埋まっているように見えるサッシは2Fロフトの夏型開口サッシ

こちらも 34年前に作成された木製トリプルLOW-E硝子サッシ

玄関ドアは2重
2Fのリビング
この建物の最大の魅力は、ブロック造で建てられた巨大な熱容量
この熱容量がもたらすのは冬場の暖かさを持続させる効果もあるが、夏の夜間の涼しさ
を持ち越し涼しい環境を作る事


2Fのロフト
夏開放窓

和風住宅で言う、縁側的な部分。
洗濯物干場や空間を分けるために必要な場所、最近の住宅ではいつからなくなってしまったのだろう。

このブログでは書ききれないほど、アイデアにとんだ高性能なパッシブデザインハウス。
この二日間を通して感じたことは、30年以上前に実現していたパッシブデザインが
今になり広まりをみせてきているが、こうした断熱住宅や断熱性の向上は、エネルギー
消費量を減らすことが最大の目的のように言われ、Q値争い行われ 今後は高効率設備機器に頼った設備過多な住宅が広まりを見せる傾向にある
LCCM住宅など設備に頼った住宅は誰のための住宅なんだろう?
熱損失を減らすことがけが目的ではなく、建物の断熱性能をできるだけ高めることは
手段であり、その上に立ってできるパッシブデザインを行わなければならない。