秋田市 リフォーム 先張シート気密 床断熱施工

由利本荘市のD様宅
光と風、省エネ、断熱、デザインを考えるパッシブデザインハウスのリフォームです。
仕様
延べ床面積:176m2
天井断熱:セルロースファイバー400mm
壁断熱   :セルロースファイバー105mm+外付加断熱:ウッドファイバー100mm+内付加断熱
              ウッドファイバー50mm  合計250mm断熱
床断熱  :セルロースファイバー200mm
開口部 :樹脂トリプル硝子サッシ 木製断熱玄関ドア
換気     :3種換気
暖房    :エアコン
Q値0.9W/m2K
C値0.5cm2予定
年間暖房付加:26m2/KWh
年間暖房用灯油消費量:534?(24時間暖房計算)
自然温度差:7.95℃
本日は、床下防湿シート施工と大引掛けなど床下部分下地作成段階

写真のように土台部分に先張りシートを施工して壁の気密シートと連結することで、気密欠損
が防げます。
床下には防湿シートを敷いて、シート押さえとして砕石を敷き詰めることで床下から上がってくる
湿気防止となります

解りづらいですが、床200mm断熱下地組