秋田市リフォーム 外壁重ね張り

秋田市外旭川のS様宅 
既存の外壁材をそのままに、サッシ取替え 内部からのセルロースファイバー断熱施工を
行ないます。
新規外壁材は、2F部分を秋田杉の外装材とし1F壁部分は金属サイディングとする計画

外壁の重ね張りで気をつけなければいけないのは、既存外壁材に隠れている土台部分
などの腐食や劣化状況と耐震金物が正確に設置されているかです。
今回は、内部の壁を全て撤去しているので内部から確認できております。

既存外壁の上に透湿防水シートで防水気密処理をしっかりと行うことで、万が一新規外壁材
から水は侵入しても内部へ侵入することはありません。
通気胴縁も空気がしっかりと流れるように細かく通気穴を開けています。

新規樹脂LOW_EArペアサッシを設置して
サッシ下端には、水切り板金施工も行なっております。
サッシ周りの下地板も空気の流れを考えて少し隙間を空けています。