秋田市リフォーム セルロースファイバー断熱施工中

秋田市保戸野のO様宅
最近、天候が悪いですが内部工事は順調に進んでおります。

土台、大引の軸組は完了しています。
壁の筋交いの設置、耐震下地施工も終わり、壁断熱が始まります。

給排水管などは後から穴を開けて施工するのではなく、リフォームでも事前に位置決めを行い
立ち上げておきます。

壁断熱施工セルロースファイバー55K 105mmが始まりました。

今回は、既存外壁をそのままに内部からの耐震断熱改修を行う計画、
通常は床組から始めるのですが、壁内部石膏ボードを耐力壁として計算するため壁の石膏ボードを土台と桁と繋ぐ必要があり壁先行の工事となっています。

内部耐力壁&壁下地の石膏ボード12.5mm