秋田市 リフォーム 床下防湿施工 床断熱施工

秋田市保戸野のO様宅
順調に工事が進んでいます。
下の写真は、床下に防湿シート(0.2mm厚)を床面全体に敷きこんでいます。

床下の防湿シート施工後、シート押さえの砕石を敷きこみます。

床下の防湿シート施工後に床断熱材の高性能グラスウール16K 140mmを充填。
外気に接する部分には、透湿防水シートを張り断熱材の性能を100%発揮できる仕様です。

床断熱材の充填後には、床板下地と耐震仕様のネダノン合板28mm実付を敷きこみ、
床合板気密仕様とします。

外周部壁で主に耐力壁を作ることで、内部間仕切り壁が後施工で良い。
こうなると内部天井気密も施工しやすくなる合理的な方法です、しかも今後の間仕切り壁の
撤去も安易に行えます。