秋田市_平屋座敷の家 リフォーム01

秋田市横森のH様宅
2階の減築が終わり、内 外と同時に工事が進んでおります。
外部はサッシを取替するため既存外壁を撤去して新しいサッシ枠を設置しております。
今回は、エクセルシャノン樹脂ペア16mm LOW-EAr硝子仕様、南面は日射の取得を考え
LOW-EAr硝子でも高透過タイプを選択しています。

内部では床下防湿シートの施工を行なっております。
床下湿気のほとんどは、床下の土又は砂から上がって来ます。ここを防湿シート0.2mmシート
で湿気を遮断することで床下の湿気は殆ど解消されます。

しかし、床下に潜っての作業は決して楽ではありません。
現場リーダーの佐々木大工さんが頑張ってくれております。写真では解りづらいですが、床下に潜っています^^;  佐々木さん感謝です。

床下の防湿施工が終わると床断熱施工に入ります。
床下の外気に接する部分には透湿防水シートを先張りして断熱材に外気が流れ込まないように
して、断熱材の性能を100%発揮出るようにしています。

巾が広い高性能グラスウール16K (24K相当品)105mmを使用して丁寧に敷きこんでおります。