秋田市リフォーム 屋根棟換気 透湿防水シート 内部断熱施工

由利本荘市のD様宅
順調に工事が進んでおります。
下の写真は2F壁が1F天井まで繋がる階間部分ここはかなり大事な部分です。
この部分は、リフォームで解体するとほとんどの住宅で断熱気密されていないことが多いです。

内部の防湿気密シートの先張りはもちろんですが、外部透湿防水シートの先張りを行わないと
しっかりと施工はできません。
綺麗におさまっております。
職方さんありがとうございます。

屋根の一番てっぺん部分は、小屋裏からの空気の出口となる棟換気部分。

外部付加断熱と防火壁の施工が終わり、透湿防水シートが貼られています。
外部の透湿防水シートはタイベックの3Mを使用することで極力シートの繋ぎ目を少なくします。

透湿防水シートがしっかりと綺麗に施工されています。
今回の外装材は、胴縁なし樹脂サイディングを施工するため透湿防水シートシート防水処理は
念入りにされています。サッシまわりの防水は75mmの両面ブチルテープを下に使用し、シート上には50mmアルミブチルテープでダブルで防水処理を行なっております。

小屋裏のロフト部分は、屋根断熱ウッドファイバー240mmにセルロースファイバー100mmの内付加断熱となります。下写真は、100mmの断熱下地を並垂木で作成しています。

セルロースファイバー吹き込み用シート

壁内側付加断熱をすることこんな利点もあります。
コンセントボックス 電気配線はシートを破らず設置することができ、位置変更も容易になります。